浴衣の下に何を着る?

寝たきりの方、自宅で療養されている方など浴衣を着ている方も多いのではないでしょうか。袖が大きく前開きであれば介護する人にとって、負担が少なくスムーズに着替えをすることが出来ると思います。では、その下の肌着はどうでしょうか。前開きでも伸びなかったり、マジックテープで不快感があったりしませんか。また、袖が広い分捲れやすく、腕が丸出しになっていませんか。高齢者の肌は弱いので、保護する目的で長袖が理想です。更に手の甲まであると、手の保護だけでなく冷えも緩和ししてくれます。また、襟元から見える半襟で、肌気を着ているような感じにはならず、表情も明るくなるのではないでしょうか。

関連記事

  1. 宝探し

  2. 最高!

  3. 謎のチョコボール

  4. ティッシュが好き

  5. 香る七夕飾り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP